Home

小学校受験で後悔しないために

受験生が5、6歳の幼児である所に、小学校受験の難しさがあります。幼児ですから、将来像を自分で描く事も、受験校を決める事も何もできません。でも幼児なりに好き嫌い、やりたいやりたくない、等の意志がありますし、目標を持って努力する能力もあります。未熟ながらもしっかりと自我が芽生えている幼児に、大人が無理やり受験勉強を押し付ける事は、あまり良い結果が出ませんし、弊害すらあります。小学校受験を成功させるには、子供が無理なく楽しみながら、かつ意欲的に受験勉強に取り組めるように、まわりの大人が導いてあげる事が重要です。そして何より一番大切なのは、親も子もそれぞれ心に傷が残らないような受験準備をすることです。受験は当然失敗する可能性がありますから、その時に落ち込むことがないような心構えが必要です。一番良いのは、受験が全てではないという事を、親がしっかりと肝に命じておくことです。受験準備にかかる費用も労力も、かなりなものになります。でもそれが単に受験の為だけではなく、合否にかかわらず、子供の為になったと思えるような準備であったなら、後悔はしないでしょう。それが小学校受験をする親子にとって一番幸せなことです。

小学校受験の対策にパズルを活用

小学校受験というと、特別な感じがしますが、楽しみながら勉強をしていくことが出来ます。その具体的な方法は、パズルを活用して行うやり方です。パズルといってもジグソーパズルではなく、ナンバープレイスのようなものを使うと効果的です。子どもと一緒にパズルを解くことにより、保護者の方も頭を使い考えるので、脳のトレーニングをすることが出来ます。また、子どもが解く問題を知ることが出来るので、解けたときに、どのレベルの問題が解けたのか分かり、褒め方を変えることが出来ます。子どもからすると、やはり褒められたことにより、次のステップへ進もうという気力が出てきます。その繰り返しで、だんだんと難しい問題にチャレンジしていくことができ、パズル以外の問題へもスムーズに移行することが出来ます。よって、最初の取り掛かりとして、楽しみながらパズルを解くという方法は、非常に効果的です。

小学校受験の是非を斬る

少子化の影響も相まって、小学校から私立等に受験させるという家庭が増えています。では、小学校受験は必要なのでしょうか。以下、その是非について述べていきます。勉強は、小学校の高学年辺りから個々の子供により差が大きく開いていきます。したがって、中学校以降は個々の子供の学力に適合したレベルの学校を受験することは、子供にとって有益であろうと言えます。しかしながら、小学生のうちは、勉強よりも社会のルールや団体の中での生き方等を重視したほうが子供の人格的成長にとって大切です。したがって、小学校受験等により、子供に過度の負担を掛けるよりも、地元の公立の小学校に入学させた方が、子供の将来を考えた場合にプラスと考えられます。受験勉強は、子供に過度の精神的なストレスを与え、健全な成長を害するという可能性もあります。また、受験に失敗した場合、子供の心の傷として残ってしまうというケーズもあり、このような失敗経験が将来の中学校や高校受験等に悪影響を与えるということもあります。

伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 小学校受験は「伸芽会」で是非ご検討ください。

Author:admin