Home • 小学校受験にやるべきこと

小学校受験にやるべきこと

昔は中学や高校受験というのが普通でしたが、今は小学校受験というのも現実に始まっている時代になっています。この受験をするのは幼稚園や保育園に行っている子供たちで、小さいうちから幼児教育を受けていることで受験をする事が出来るといえます。そんな小学校受験に必要な幼児教育では国語や算数といった一般学習、そして英会話というのは絶対にやるべき教育といえるようです。この受験では国語であれば簡単な漢字や、算数なら足し算や引き算ができなくてはならず幼児教育をする教室では絵などを使って教えてくれます。また英会話というのも絵を見ながら単語を覚えていき、簡単な英会話が出来るくらいのレベルにするというのが基本となります。他にも小学校受験では生活のしつけというのも見られますので、家庭でのしつけもしっかり身につけないといけません。

小学校受験での志望校選び

子供には苦労させたくないので充分な教育を受けさせてあげたいと考える親御さんは多いでしょう。充分な教育をと考えると、今住まわれている地域にも因るでしょうが、小学工受験も考えますよね。どのような小学校にすればいいのか、正直悩む方は多いでしょう。子供が実際に通うことが出来る距離に、親御さんが思うような小学校があるかどうかもネックになります。この学校がいいと意見が一致しても、片道1時間は子供にとって負担が大きいのではないでしょうか。また、私学か教育大学付属の小学校かでも悩まれるでしょう。この2者は受験内容が全く違ってきます。この2者で悩んでいると、スタートが遅れてしまいますので、受験されるのであれば早急に受験校を決めなくてはなりません。親だけが一生懸命になりがちな小学校受験ですが、子供さんに受験校のオープンキャンパスなどで、楽しく興味を持って勉強出来る環境を作ってあげる事も大切ですね。

最近の小学校受験の傾向

最近では子供に良い教育を受けさせていきたいと考えている人が沢山います。その中で小学校受験からきちんと行っていくということが当たり前になってきていますが、こうした試験については最近傾向が変わってきているということがあります。今まででしたらペーパーテストで高い得点を出していくことができればいいということが言われていて、学校側についても点数重視で試験を行っていたということがあります。しかし最近では子供の感性を見ていくための試験内容に変わってきているということがあります。その為実際に体を動かしたりするということがありますし、さらには絵を描かせたりしてどのようなものを書いていくかということが試験になっていきます。その為感性豊かな子供で素直なほうが小学校受験に通りやすいということが言われています。

Author:admin