Home • 小学校受験は誰の為か

小学校受験は誰の為か

人は誰でも受験しますが一般的には高校受験が初めてになります。しかしながら周りとは違う教育を受けさせたいとか周りより収入が高い家などは世間への建前もあり子供を小学校受験させたりします。それによってワンランク上の階級での授業や生活が待っているわけですが、そこはやはり人間なので合う合わないは出てきます。親としては人生において波風立たなく苦労せずに人生渡ってもらいたいものですがそれほど退屈な人生はないと考える人間もいます。子供の頃には気付かずに言われた通りの受け答えをして大人の顔色を伺って受けた受験も社交辞令」建前を重んじる社会で生きていくのは良いかもしれません。しかしそれが良しとされるのが上流階級なのでそこに日本の問題があるのかもしれません。子供は産まれる場所と親は選べませんから運も必要になってきます。

小学校受験をさせる理由とは

子供が小さなうちは、かなり成長する可能性があります。世界的に名前を知られるレベルの人は、幼児期から教育を受け、しかるべき能力を身に着けています。小学校受験はそのワンステップで、どんな子にもある程度の実力をつけさせる効率的なやり方です。もちろん受験の時点で子供の能力がある程度必要ですが、難関でなければ苦しむことなく合格出来るでしょう。小学校受験は子供が嫌がらないように誘導するのがコツです。子供が楽しいと考え、一緒に通学出来る環境を親が作ってやれば問題はありません。子供は環境が与えられれば、そこで自然に友達を増やし、適応していきます。そこにいたるまでのルートは親が用意してやり、問題ないとわかればそこからは一切手出しをしないのが鉄則です。小さい頃に自ら得た経験は必ず大人になって役立ちますから、ここで子供の自立心を試します。

小学校受験で子供の進路が決定する

いい学校に入り、いい成績を残し、いい仕事に就くことは、今の世の中で一番分かりやすい進路です。これは子供たちも親から言われて理解しており、勉強する意味を知ってがんばる子も沢山います。親の立場としては、教育の場を与えることはできても、子供にやる気を出させることはできません。やる気を出すのは子供であり、どの子も最初からやる気満々で勉強に望むわけではないでしょう。小学校受験は子供にとっても親にとっても分かりやすい安心感を与えてくれます。ここで難関と呼ばれる学校に合格すれば、後はエスカレーター式に上の学校に上がれることもあり、大学までは一貫教育が約束されているケースも少ながらずあります。どんな学校に入るにせよ、ここで子供が学んだことは学年が上がるごとに役立つ知識に変わり、正しい大人への進路を導き出すことが可能です。

Author:admin